8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

2017年8月の検査結果と低血糖体験談

糖尿病の診察でいつものように、血液検査をしました。

今までゆるい糖質制限しかしてなかったので、検査結果も期待したい所。しかし、糖尿病の指針となるHbA1cの数値は、すぐに変化するものではありません。

今回は、悪くはなっていないだろうという心持で診察に行きました。

 検査の結果は、血糖値が85mg/dl。HbA1c5.6%でした。まぁこんなもんでしょう。

空腹時血糖値は、いつもこんな感じです。もっと低い時もあって最低で58mg/dlです。病院で、この数値が出た時にまずは看護師さんに心配され、先生にも心配されましたが、平気でした。

記録表を見ていると、この数値はちょうど1年前の8月でした。私が糖質制限ダイエットで8キロ痩せた時ですね。

低血糖になるとどうなるの?

 これが50mg/dl以下になると、動悸や発汗、顔面蒼白、空腹感、ふるえなどが起こります。

さらに下がると、ろれつがまわらなくなったり、集中力の低下や頭痛、かすみ目などになり、もっと下がると意識障害、昏睡状態に陥る事になります。

低血糖体験談 

私は、幸い糖尿病になってから低血糖でこのような症状が出た事はありません。でも思い起こせば、14~15年前にまだ糖尿病ではなかった時に、激しい腹痛で近くの診療所に行った時に低血糖症状を起こした事がありました。

なぜ低血糖を起こした事が分かったのかというと、診察前の検尿の時に激しい痛みに耐えかねて意識が薄れてしまった事があったんです。

診療所の先生が私の血糖を素早く計り、血糖値が50mg/dlになってる!と慌てて救急車を呼んでくれました。

この時、私はあまり覚えていなかったのですが、付き添ってくれた夫がこの時の様子を教えてくれました。

結局、糖尿病ではない時だったのになぜ低血糖を起こしたのかは不明です。もしかしたら、それだけ私が痛みに耐える力が弱いという事でしょうか?イマイチ、関係性は分かりませんが、低血糖を起こすとこんな感じなのかな?という事は分かったのでよしとしましょう。

 

結局間違ったダイエットは危険というお話

ここ数年は、緊急で病院でお世話になるくらいの腹痛は起こってはいませんが、それは過激なダイエットをしなくなったからだと断言できます。

学習能力が乏しい私でも、3度目の正直で(病院に緊急配送)食事の量を極端に減らしたり、排便が少ない事に意識も向けずにいる事がどれだけ危険な事か分かりました^^;

糖質制限で安全・健康にダイエット

糖質制限ダイエットを実践するようになって、病院送りの目に遭った事は一度もありませんし、低血糖症状を起こした事もありません。

今でも、糖質制限ダイエットは賛否両論はある事は知っています。

・脳に栄養が行き渡らなくなる

・骨粗しょう症になりやすい

・筋力低下

・動脈硬化

などが起こると言う権威のお医者様がいらっしゃるからです。

私は、お医者さんではないので反論する知識はありませんが、上記の事でいえば、

・脳が活性化されている気がする

⇒治療院で受付と事務をしています。通常の院と違いメニューがとても多いのですが、バタバタ忙しい中でも、ややこしい事務処理がスムーズにできるようになった。自分で書いていておこがましいですが^^;

・骨密度が30代なみに多い

⇒先日、郵便局で無料で骨密度検査をしてもらった時にそう言われた(笑)

・血液はドロドロしていない

⇒ある事情から、造影剤を入れて心臓のMRIを撮りましたが、動脈硬化の心配はないと言われた。

そんな訳で、今の所は大丈夫みたいです。とりあえずは糖尿病を更に安定させる事が一番なので、このまま糖質制限を続けていきます!

実は、今朝の体重測定では、うなだれるほどショックな事がありました。この話はまた夜にでも書きたいと思います。