8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

血糖値を下げる歩き方。歩くタイミングや時間は?

血糖値を下げる為に、食後に歩くと良いと言われています。しかし、食後どれくらいに歩くのが良いのでしょう?そして何分?何歩歩けば良いのでしょうか?

今日は、血糖値を下げる歩き方について書いてみます。

いつ、何歩歩けばいいの?

血糖値を下げる為のウォーキングは、食後、特に夕食後が最も効果的であると、ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームが発表で明らかになりました。

研究によると、2型糖尿病患者を2つのチームに分けて、1日に時間を決めずに30分間歩くチーム、毎食後3回10分間ずつ歩くチームに分かれて検証しました。

その結果、毎食後3回歩いたチームの方が食後血糖値は平均して12%低下していた事が分かったそうです。

食後の何分後に歩くのがいいの? 

血糖値を下げる為のウォーキングは、食後30分後から1時間後が良いという説が多いです。この食後30分後というのは、厳密に言うとご飯を食べ始めた時からカウントして30分後という意味です。

例えば、夕方6時に食事を開始したとしたら、6時30分からウォーキング開始という事になります。

食事を30分かけてゆっくり食べる人なら、食べた後にすぐに歩く事になるので、そこは多少の時間のずれがあっても良いかも知れませんね。

大切なのは歩く速度

歩きに出かけるタイミングや、歩く時間と同じくらいに重要なのが、歩く速度です。お散歩のようにゆっくり歩くのは、それほどの効果は見込めないと言われています。

効果的な歩く速度は、1分間に100歩です。

1秒につき2歩弱という感じでしょうか。それが大変な人は、普段歩く歩幅より少し大きめの歩幅で歩くと良いという説もありますが、どちらをチョイスしても良い結果が得られると思います。

思えば、1年前に私が80kgの時は(現在70kg)体重が重すぎて身体を動かすだけで消費カロリーが多く、ゆっくり歩いても十分効果があったように思えました。

しかし、10kg減量した今では、かなり身体が軽くなりましたし(まだ、十分デブなのは自覚しております)早歩きしても息切れしなくなったので、早く歩くと言う事が可能になりました(笑)

今朝も朝食後にせっせと30分間、3800歩歩いてきました。

家の近所には、近所に河原があるのでウォーキングにはもってこいです。最近、めっきり涼しくなりましたが、河原にはたくさんのトンボが飛んでいましたよ。秋もそこまで来ているのでしょうか。

f:id:tomo65:20170815165848g:plain

ありゃっ!すさまじくトンボが飛んでいたのですが、分かりにくかったですね^^;

こうして歩く事で、季節を感じる事ができるので、心が豊かになったような気がしました(*^_^*)