8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

亡き叔母の犬の里親をペットサロンにお願いした時の話

1人暮らしの叔母が病気で亡くなり、飼っていた犬を里親に出した時の話です。

子供が授からなかった叔母にとって、犬は娘そのものでした。それはそれは、大切に育てていました。

気が弱く臆病な犬でしたが、私を見るとしっぽを振って近寄ってきてくれる愛嬌のある柴犬でした。

入退院を繰り返すたび、ペットサロン兼ペットホテルに犬を預けていましたが、そんな叔母もとうとう亡くなってしまいました。

ペットサロンで里親探し依頼 

 残念な事に、親戚には誰もその犬を引き取る事ができません。かといって、ペットサロンにずっと預けるという訳にもいかないので、「この犬をもらってくれる人を探してもらえないでしょうか?」と、里親探しのお願いをしてみたんです。

その時、犬は5歳。人間で言うと38歳くらいでしょうか。生まれたての赤ちゃんではないので難しいかもしれませんと言いながらも、里親探しを引き受けてくれたのです。

里親が見つかるまでは、ペットサロンでお世話になるのでホテル代が発生します。しかし、叔母は十分なお金を残してくれたので、それが救いでした。

里親はなかなか見つからない

危惧したように、やはりすぐには里親は見つかりません。

その後もペットサロンに、時々様子を伺っていた所、臆病なのでペットサロンの来客にさえ怖がって近寄ろうとはしなかったと聞かされました。

今、ふと思ったのですが、私達親戚は誰ひとりとして、その犬を保健所に。とは一切思いませんでした。そんな選択なんて思い浮かぶ事すらなかったです。

それは、どれだけ叔母は“娘である犬”を愛して大事にしていたかを知っていたからです。犬を飼ってあげられない私達が願う事は、その犬を可愛がってくれる人に引き取ってもらいたい。その思いだけでした。

里親募集をお願いしてから1カ月後、運命の日が突然訪れました。 

運命の赤い糸?

ある男性が、ペットサロンに訪れた時、今まで誰が来ても怖がっていた犬が、急にしっぽを振って近寄ったそうです。

これにはペットサロンの人も驚いたそうですが、男性と叔母の犬は一瞬にして恋に落ちたような感じだったとか。人間と犬が運命の赤い糸で繋がっていた?と思わざるを得ない風景だったそうです。

お互いがお互いを気に入り、里親の話はとんとん拍子に進んだそうです。そして犬を引き取ってくれる事になりました。

お別れの日

 ペットサロンから、その連絡を聞いた私は犬に会いに行きました。私にもなついてくれた犬ですし最後のお別れをしようと思ったのです。

身体の弱い叔母の世話も多少はしていたので、親戚の中では私が一番、その犬とは近い関係でした。

色んな思い出が蘇ってきました。叔母の家に行くたびに、嬉しそうにしっぽを振って私の匂いを嗅ぐ姿。またある日には、散歩に連れて行って、大きな犬に出くわして腰が抜けたみたいなって動けなくなった事とか・・・・

叔母の犬は、私の姿を見て相変わらず嬉しそうに尻尾を振って近寄ってきてくれました。

私は、少し泣いてしまいました。

今までは事務的に、早く里親が見つからないかな?と思っていたというのに、この可愛い顔を見るのがこれで最後なんだなと思うと・・・

本当の事を言うと、犬を我が子のように扱う人の気持ちは、理解しきれていませんでした。でもその思いとは裏腹に叔母と犬との繋がりは認めていたんでしょうね。

叔母が犬を自分の娘だと思っていたように、私も心のどこかで“叔母の娘”のような感覚を持っていたのかもしれません。

新しい我が家へ

 その男性は、ご家族と一緒に引き取りに来られたそうです。

ご家族には、小学生くらいの男の子もいて、その子も犬を気に入った様子。叔母の犬は、ペットサロンの店員さん達に対して、振り返る事もせずに尻尾を振って、小走りで新しいご家族と共に、車に乗り込んだと微笑ましい表情で教えてくれました。

また、その男性は犬にはいつでも会いに来て下さい。犬の写真も時々送りますとも言って下さいました。

こんな事を言って下さるなんて、凄く良い人に飼ってもらえるんだなと嬉しく思いました。

叔母と犬が一緒に暮らしていた時は、ずっと家にこもりっきり。外出と言えば、ほんの近くで散歩するくらいだったので、犬にとっては良い環境とは言えなかったかもしれません。

今度は賑やかな家で暮らせるんだね。そう思うと、心から安心しました。

あの臆病で怖がりの犬が、一瞬で心を開くなんて凄く不思議でした。でも思えば、叔母が大切に大切に愛情深く育てた犬です。自分を可愛がってくれる人が分かるのかも知れませんね。

里親探しの費用は?

里親探しの費用は請求されませんでした。支払った金額はペットホテルの費用のみです。

たしか1日3000円だったので1カ月の滞在で、約10万円ほどかかりました。しかし、私達では決して見つける事ができなかった、新しい飼い主を見つけて下さって心から感謝しています。