8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

藤原竜也さん主演の舞台「プレイヤー」を見に行ってきました

昨日は、藤原竜也さんが主演をされている「プレイヤー」を見に行きました。

f:id:tomo65:20170905093443g:plain

会場は満員御礼で立見席まであったようです。

ロビーには送られたお花が!そういえば前回の舞台「鱈々」にも金鳥さんからお花が届いていた記憶があります。

f:id:tomo65:20170905093536g:plain

f:id:tomo65:20170905093514g:plain

プレイヤーは、今注目されている劇作家の前川知大さんと、演出家の長塚圭史さんがタッグを組まれた作品です。

私が演劇を見に行ったのは、これで2回目。初めて行ったのは去年の藤原竜也さん主演の「鱈々」でした。

 私は、藤原竜也さん目的で見に行きましたが、演劇とはこんなにも難解で頭を使いながら見るものなのか?と驚きがありました。もちろん、良い意味で。

大まかなあらすじは、とある劇場が舞台で、国民的スターから地元の大学生といったあらゆるキャリアの俳優やスタッフが集まり、リハーサルが行われています。

その演目は死者の言葉が生きている人間を通して再生されるという「プレイヤー」。リハーサルを通し、俳優たちが戯曲に書かれた言葉を再生(Play)する稽古場の世界が併走し、行ったり来たりしながら、その境界線はだんだんと曖昧になり・・・

上演は休憩をはさんで、約3時間でした。内容が難しいのでついていくのに必死という事もあり、あっという間に終わったという感じです。迫力もあり見ごたえ十分でした。

藤原竜也さんが出てなかったらまず興味を持たなかった内容ですが、ドラマや映画では体験できないような味わいがあり、行って良かったです。

私のように、内容が難しいと感じた人は少なからずいたようで、帰る時に内容について話し合ってる人達を何組も見ました。

ある年配カップルの男性が、ズバリ明快にラストまでの筋を女性に話しているのを近くで聞いて、「私の解釈でよかったんだ」と胸をなでおろしました(笑)

共演の仲村トオルさんや、成海璃子さんも良かったですし、舞台は臨場感があっていいですね。またこのような演劇があれば行きたいです。

藤原竜也さんを通して、人生の楽しみ方といったら大げさかもしれませんが、舞台の素晴らしさを痛感した私でした。

このように、お芝居に行く事に慣れてない私ですが、ひとつ失敗した事があります。それは、劇場で買う飲み物が高いと言う事です^^;

小1時間ほど早くついてしまったので、お茶を飲もうとすると、ロビーでしか売ってなかったんです。紙コップに氷がたっぷり入って300円でした。(この感覚がせこい?)

次回からは、近くのコンビニで買って持参する事にします。もちろん、上演前と休憩中しか飲めませんけどね。