8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

冷やご飯でダイエット?レジスタントスターチで糖質制限はできるのか実践中

 

冷やご飯ダイエットって聞いた事があるでしょうか?

冷やご飯を食べると、血糖値の上昇が緩やかになるので、結果的にダイエットになると言われており、少し前から話題になっています。

私も最初は疑ってたのですが、どうして冷やご飯を食べたらダイエットに繋がるのかが分かったので、その情報をシェアしたいと思います。

 レジスタントスターチに変化すると血糖値の急上昇を防げる

ご飯には、でんぷんが含まれていますが、でんぷんは冷やすとレジスタントスターチに変化します。

レジスタントスターチは食物繊維に似た働きをするので、胃や腸で吸収されずに大腸まで到達すると考えられています。

 

温かいご飯(糖質高い⇒冷やす⇒冷やご飯(糖質が吸収されにくくなる

 

糖質が吸収されにくくなると言う事は、血糖値の上昇を緩やかにするので血糖値コントロールやダイエットに良いとされています。

また、便秘解消や腸内環境を整える働きがあるので、ダイエットだけじゃなく美肌効果もあると言えそうですね!

何度くらいに冷やせばいいの?

ご飯がレジスタントスターチに変化するのは、およそ4~5度と言われています。大体、冷蔵庫で冷やした時にこれくらいになります。

ただし、急速に冷凍してしまうとレジスタントスターチができにくいと言われているので、冷蔵庫で冷やすようにしましょう。

一度冷やしたご飯を少しの間、常温においていてもすぐにはレジスタントスターチが減る訳ではないので、慌てて食べる必要はありません。しかし、温め直しは元のでんぷんに戻ってしまうのでNGです^^;

冷やご飯の食べ方でおすすめはこれ!

一言に冷やご飯といっても、ただ冷やしたご飯を食べるのはなんとも味気ないですよね。そこで、私のお気に入りの美味しくてダイエット効果がある食べ方をご紹介しましょう。

納豆卵ご飯

納豆には食物繊維が含まれているので、腸内環境を整え便秘解消をサポートする力があります。

その納豆と冷やご飯を合わせて食べる事で、腸内環境改善の相乗効果が期待できると考えます。

ご飯を冷やしても、糖質が0になる訳ではないので食物繊維豊富な納豆と一緒に食べる事によって、食物繊維が糖分にからまり小腸で消化・吸収されにくくなるのです。

これは「たけしのみんなの家庭の医学」の本 発見!血糖値を下げる新常識に書かれていたので信憑性はあるかな?と思っています。

 冷やご飯と納豆なんてありえないという人もいるかも知れませんが、これに更に生卵をかけて卵かけご飯にすると、食べやすいと思います。

卵は糖質量は1個で0.2gなので、糖質制限食には欠かせない食材です。これに少し醤油をたらして食べると美味しいですよ~

ちなみに納豆には、肌の新陳代謝を促したり、更年期障害の予防、骨を太く健康に保つなどの健康・美容効果が期待されるのでアラフィフの女性こそ積極的に摂りたい食品と言えそうですね!

血糖値測定で検証してみました

血糖値測定器を持っているので計ってみました。

ご飯の量は100g。女性用の小さめのお茶碗に軽く8分目くらい。ちなみに食後は何も運動はせずにぐうたら過ごしています。

空腹時 79

1時間後 97

2時間後 107

3時間後 136

4時間後 112

5時間後 77

以下は、食後の血糖値の変化を表す図です。

f:id:tomo65:20170722095351j:plain

体重計製造などでおなじみのTANITAさんのHPの図がとても分かりやすかったので、使わせて頂きました。

私は2型糖尿病ですが、現在血糖値コントロールがうまくできているので、空腹時は健康な方とさほど変わらずに、低めです。

でも、悲しいかな、食べるとグーンと上がってしまうんです。空腹時が80くらいでも、ラーメン&やきめしセットなんかを食べた日にゃ、200以上も上がってしまいます^^;そして、そのまま4時間くらいは血糖値が下がらない事もあります。

この事を踏まえて頂くとして・・・

これって上々な結果じゃないですか~?

これは、あくまでも糖尿病(現在数値は安定)の私の数値なので、どこまで参考になるか分かりません。個人差もありますし^^;

また、毎回計っている訳じゃないのでたまたまこの数値だったかも知れないと言う事は付け加えておきますね。

まとめ

ご飯を冷蔵庫で4~5度に冷やすと、ご飯に含まれるでんぷんがレジスタントスターチに変化し、血糖値の急上昇を抑える事が出来る事が分かりました。

おすすめの食べ方は、納豆と卵を混ぜて食べると美味しく食べる事が出来て納豆の持つ作用との相乗効果も期待できます。

この方法には、合う・合わないと個人差があると思いますが、ご興味がおありの方はお試し下さいね!