8キロ痩せた千春のリバウンドしないダイエット

ダイエットで8キロ痩せたアラフィフの千春です!今までダイエットの失敗を繰り返し、なかなか痩せられずにとうとう80キロ代に!おまけに糖尿病にもなってしまって、糖質制限ダイエットを実践した結果、8キロの減量に成功。リバウンドなく維持しているので、このまま標準体重になるまでダイエットを頑張ります!

MEC食は家族の理解が得られにくい?

MEC食を始めてから2週間以上が経ちました。でも家族にはMEC食をやってるよ~とは言ってないです。

うちの夫は仕事が不規則なので一緒に食事を食べれる事が少ないんですね。なので、私が普段からチーズを120g食べるようにしてるとか、卵を1日3個食べてるとかは知らないでしょう。

ただ、夕食に出すお肉の量が増えた程度にしか、夫は思ってないはず。以前、MEC食の話をしてみたら、あまり納得してなかったみたいなので、この手法は理解しがたいものがあるかも?と思っています。

そこで私の考え方を変える事にしました。

 夫と食事を合わせながら工夫する

夫は時間が不規則な仕事なので、一緒に食事を食べる時が極端に少なかったり、毎日夕方には帰ってくる日が続いたりと、バラバラです。

最悪の場合・・・と言っちゃいけないけど、4日連続で仕事が休みの時もあるので、そうなると多少は夫と合わせた食事内容になります。でもできるだけ、ご飯は食べないようにして。

休みの日は外食が多い

 私達夫婦は特に趣味がないので、休みの日は一緒に外食する事が唯一の娯楽なんです。夫はネットで検索しながら「今度の休みはどこへ食べに行こうか?」と探してくれるので、ダイエット中ですがもちろん一緒に食べに行きます。

そんな時には、いつも血糖値の急上昇を抑える働きが実証されているサプリを持参していきます。

このサプリを飲んでみて、食後血糖値の事や翌日の体重がどうなったか?などを詳しく書きました。ご興味がある方はご覧ください。

↓   ↓   ↓

www.toushitu50.com

夫の好きなメニューにMECや糖質制限食を取り入れる

趣味が特にない人って、食べる事しか楽しみがなかったりします。まさに私や夫がそうです。美味しいものを食べるのって幸せですよね♪

私の職場での雑談も美味しいお店の話が多いので、食べる話は、ある意味コミュニケーションの潤滑油的な存在なのでは?とまで思ってしまいます。

食べ物の話には罪はない。当たり障りがないのに話すと盛り上がります。人の悪口で盛り上がる職場でなくて恵まれていますが、職場は私以外は、男性ばかりなので余計にそうなのかも知れません。

話がそれましたが、美味しい食事はとても大切です。

仕事で疲れて帰ってきた夫には美味しいものを食べさせたい。なので、MEC食を意識しながらも、夫の好みの料理を作るように心がけています。

四角四面に、肉と玉子とチーズを必ずこれくらい食べなきゃいけない!と、縛るよりも、今日はチーズは食べられなかったから、肉を多めに食べよう。とか、臨機応変に考えてもいいんじゃないかと思います。

そして、たまには手巻きずしとか、炊き込みご飯とか、肉じゃがとかもアリにしています。その時は、私はサプリを飲めばいいと割り切っています^^;

マイペースで続けよう

MEC食の考案者である渡辺信幸先生は、自分自身がMEC食で痩せたり、顔色が良くなって元気になれば、家族もおのずと興味を持ってくれると仰っています。

たんぱく質と脂質の割合を増やしていくなどが良いとのこと。

でも、うちの夫は生まれつきすごく健康なんですよ(笑)50代でありながら、健康診断でもどこも異常はありません。

ビールをたらふく飲んでも肝臓の数値も正常です。こんな夫なので、理解してもらうのは簡単ではないかも知れません。

ましてや、一度MEC食について話した時に難色を示していたので、そこから再び説得するのは難しいでしょう。

しかし、健康に関しては興味は持っているので、糖尿病である私が良くなれば、MEC食を見直してくれると思います。

とにかくあまり考えすぎずに、マイペースでやっていこう!